話が伝わる!成功するプレゼンの極意のまとめ

話が伝わる!成功するプレゼンの極意のまとめ

仕事の場面でプレゼンをする機会はかなり多いと思います。そこで、プレゼンで成功するための極意をまとめました。

プレゼンを成功させるためのテクニック

しゃべりはプレゼン資料と一致させる

プレゼンというのは時間制限があるのが常。その限られた時間で正確に印象深くメッセージを使えるためには、聴衆が、「視覚で認識するメッセージ」と「聴覚で認識するメッセージ」を一致させたほうが効果的

プレゼンの目的は相手に取ってほしい「行動」で定義

プレゼンテーションの目的は、相手に自分の望む行動を取ってもらうこと。

プレゼン資料は事前に配り、出し惜しみしない

事前にお配りした資料の隅にメモ書きをして頂いたり、アンダーラインを引いて頂いたり、目一杯配布資料を「汚して頂く」ことにより、聴衆の頭への定着度も増しますし、あとで資料を振り返る時も、記憶の蘇りがより良くなると思います。

プレゼンテーションはコミュニケーション

「相手の時間を大事にする」という意識を強く持つだけで、おのずとプレゼンテーションのスキルは上がりますよ。

ストーリーが人を魅了させる

主張したいテーマの中に、関連する具体的なストーリーを入れ込むとプレゼンは魅力的になります。自分自身が主役でも、友人や歴史上の人物などが主役でも構いません。

大事なのは自信・熱意・誠実さプラス個性

とつとつとした話しぶりでも「伝わってくる」プレゼンテーションもあります。

シンプルなアクションを呼びかけると良い

聴衆一人ひとりがアクションを取ることで、プレゼンを「自分ごと」に落としこむことができます。多くの心に残るプレゼンは、僕たちにできるアクションを呼びかけてくれているものです。

資料作りのためのテクニック

フォントを見やすくするために、「ヒラギノ角ゴStdN 」を指定します。
このフォントにすると、太文字ではっきり見えるので、
プロジェクターに表示しても見やすくなります。

また、フォントの大きさも、72pt、64pt、48ptを使います。
バラバラの大きさを使うと、見にくくなるので、
スライドで使う大きさは、3種類程度にしておきます。

これはデザインの基本なのですが、紙の四隅にオブジェクトを配置すると、まとまりがあって落ち着いた印象を与えることができます。あえてまとまりをなくしたり、落ち着きをなくすために配置しない……という場合もあるのですが、たいていの企画書は、まとまりのある落ち着いた雰囲気を演出したいだろうと思うので、このテクニックを覚えておいて損はないでしょう。

イメージが連想しやすい写真を1枚スライドに出すだけで
プレゼンの内容を分かりやすくして、印象に残せます。
タイトルは、上側に半透明の四角図形をおいて
その上に白文字で、短くメッセージを付けておきます。

デザインがあまり美しくない企画書に共通する特徴は、文字や画像の「配置」に気を配れてないことです。ですので、まずはこれを心がけるだけでも印象はガラッと変わります。

デザインを勉強された方なら、培ってきた感性に基づいて自由に配置して頂ければいいのですが、そうでない場合は、まずは規則正しく並べるところから始めるのがいいでしょう。

写真と箇条書きや、写真と補足説明みたいなページを作る場合は
左半分に写真を配置して、右側に文字を配置します。
イメージは、左側にあった方が能が理解しやすいそうです。

資料作りに使える素材など

https://cacoo.com/

Cacoo(カクー)はWeb上で簡単にサイトマップやワイアーフレーム、UML、ネットワーク図などの図が作成できるドローツールです。ご利用は無料です。

http://www.richchartlive.com/RichChartLive/

Flashのグラフを作ることが出来ます。

PPTなどに埋め込みも可能

プレゼン用素材をダウンロードできます。

プレゼン用素材をダウンロードできます。

プレゼン用素材をダウンロードできます。

プレゼン用素材をダウンロードできます。

Sorry, comments are closed for this post.