アルバイト終わってるのに「1時間待機命令」これって法律違反?

アルバイト終わってるのに「1時間待機命令」これって法律違反?

アルバイトが終っているのにも関わらず、「1時間待機してから帰宅するように」と雇用主から命じられた場合、この命令が法律違反になることがあります。

■アルバイト

アルバイト(ドイツ語: Arbeit に由来する外来語)は、期間の定めのある労働契約(有期労働契約)に基づき雇用される従業員を指す日本における俗称

主婦は「パート」、学生は「アルバイト」と思われがちですが、これは企業が便宜的に使い分けている呼び名であり、両者に法律上の違いはありません

「アルバイト(バイト)」「パート」の労働者割合は27.0%に達しており、企業にとっても大きな戦力になっている

■そんなアルバイト終了後、「1時間待機」という雇用主からの指示に質問が寄せられている

疲れたから早く帰りたいのに、休憩所で1時間待機しなければいけないーー。弁護士ドットコムの法律相談コーナーに、アルバイトで働く人から、このような休憩の与え方が許されるのかどうか、質問が

相談者のバイト先では、終業時刻前に従業員を休憩所で待機させてから帰宅させているそうだ。

勤務時間が「6時間を超え8時間以内」の場合には45分間、「8時間を超える場合」には少なくとも1時間の休憩を労働者に与えることが使用者に義務付けらえています。

法律上での定めなので、これに違反した場合は雇用主も雇用者も罰せられることになってしまいます。

例えば13時から19時まで6時間働いたら、その間に45分以上の休憩が必要です。また、シフトが13時~22時であれば、9時間になりますのでそのうち1時間が休憩となります。

■このような法律があるが、質問のケースは違法の可能性が高いという

「労働基準法には、使用者は休憩を『労働時間の途中』に与えなければいけないと定められています。したがって、業務開始前や業務終了後に与えることはできません。

また、従業員は休憩時間を自由に利用できることになっています。休憩時間は、原則として、どこでどのように過ごしても自由というルールであり、外出や帰宅も可能

今回のケースは、帰宅させずに休憩所で待機させているため、このルールに違反します。

つまり、6時間以下に労働時間を設定すれば、休憩時間分の拘束時間を減らすことが可能になります。

■このように休憩時間を巡るトラブルは多い

「お客様がずっと途絶えないのでランチがとれなかった」「休憩中に電話がなったが、誰もでられなかったので仕方なく休憩中の自分が対応した」というようなことはありませんか?

6時間以上の労働時間がある場合には、必ず休憩時間を設けなければなりません。

「昼休み中でも、電話には出るように」などと言われたら、その時間は労働時間になりますから、「昼休みなので、電話の応対は他の方にお願いできますか」など、労働から完全に離れてきちんと休憩をとることを、バイト先に要求する権利がある

アルバイトは上司の言う指示を聞いて動くことが多いので、6時間以上の勤務があってもなかなか自分から休憩を取ると言い出しにくい

■実際に休憩時間がもらえないというケースも

本日バイト10時間耐久なぅ…です(´⊙ω⊙`)久々の長時間に、朝から憂鬱&夕方からも憂鬱なはちみつサン(´⊙ω⊙`)ここのバイトは悪くないけど、やるなら短時間&休憩無しでパパッと働いてサクッと帰る方が合ってる…だって時給安いし、ポ… twitter.com/i/web/status/9…

バイト終了後、早く帰りたいのに「1時間」待機命令、こんな休憩ってアリ? news.nicovideo.jp/watch/nw3488950

休憩とかSOA(そんな オカルト ありえません)
12時間勤務でも休憩なんてないよー

今日8時間ぶっ続けでバイトって辛すぎんか

14時から8時間ぶっ続けのバイト嫌だ、休憩ちょうだい~( ;∀;)

今日もバイト10時間ぶっ続けなのに休憩いれてくれないしもう色々疲れたし、体調不良のふりしたら「じゃあ5分だけ休憩いいよ」って言われたんだけど何なの?10時間働くのに体調不良で休憩5分?おかしくない?

■ちなみに、休憩中は給料は出ない

休憩時間は、労働基準法第11条で定められているように、労働時間とはみなされず、基本的には賃金が発生しません。

ただし、企業によっては休憩時間に時給を支払うところもありますし、賃金の支払いが発生する休息時間が設けられることもあります。

この休憩時間とは、労働者が労働から離れることを保障された時間でなければなりません。

労働者の行動の自由があり、急な業務対応や呼び出し等に応じて労務提供する必要がない状態が休憩となります。

■雇用主側には「休憩場所を確保」する義務はない

「休憩場所がないので外に行かなくてはならず、ファミレスなどで過ごすのでお金がかかる」ということがあるかもしれませんが、残念ながら、会社には休憩場所を確保する義務はありません。

もちろん、従業員が快適に仕事をして長く続けてもらえるようにという配慮がある会社が理想的ですが、余裕のない会社もたくさんある

トラブル回避のためにも、バイトを始める際に、バイト先の休憩時間や休息時間について聞いてみることが大切

休憩場所の確認などもしておくようにしましょう。

■もちろんだが、「暇な時間」は休憩時間ではない

居酒屋でバイトをしているが、来客がなくて仕事がない時間を、勝手に休憩時間として扱われている

「賃金支払いの対象となる実労働時間には、作業と作業の間の待機時間である『手待ち時間』も含まれます」

手待ち時間=お客がいない暇な時間

休憩スペースの快適さで人材確保の努力をしているところもあるようですので、アルバイトを選ぶときにはそういう点までリサーチしてみるとよい

■しっかり休憩を確保して生産性を上げることが大事

バイト先の休憩時間は身体を休めるだけでなく、職場によっては同じ仕事場の人とコミュニケーションを取ることのできる貴重な時間

最初はきちんと休憩時間があっても、働いているうちにいつの間にか無くなっていた、という場合も。休憩時間は健康や安全を考える上で必ず確保されなければなりません。

なあなあにならないよう契約時にしっかり書面にて確認し、それを継続させるようにしましょう。

休憩で仲間との交流を図り、体も休めて仕事の生産性もあげましょう。アルバイト休憩の定義を知ることにより、今後の仕事にも何かしら良い影響が出てくる

Sorry, comments are closed for this post.