時代はスマホやタブレット?顧客管理アプリはここまでできる

現代社会ではIoT拡大に伴い、パソコンだけに限らず、スマホやタブレットなども急速に普及しつつあります。以前ではスマホやタブレットはパソコンより劣ると言われていましたが、現在アプリも最適化・多様化しつつあり、ビジネスで利用されるシーンも度々見受けれます。

スマホやタブレットの機能はパソコン並み?

「スマホやタブレットがパソコンに劣る」なんて言われたのは昔の話。
現在はアプリの多様化によって利便性が高まり、パソコンにも勝る要素も沢山あります。

パソコンがなくても、大抵のことはスマホでできてしまう便利な時代。
調べ物などは「辞書」をペラペラめくるよりも、圧倒的に早いです。

「タブレットがあればノートパソコンは要らない」という時代がやってくるのではないかと、僕は単純に考えてしまいます。
現に僕もタブレット+キーボードというスタイルで仕事をしたりしますし、とにかくタブレットってヤツは便利なんですよね。

今ではWindowsを搭載したタブレットが増え、3万円未満の格安製品まで登場している。そして、これら格安タブレットはノートPCの代わりに仕事で十二分に活躍してくれるのだ。

完全に代用することはできませんが、パソコンでやっていることの
多くは代用できる可能性があります。

それどころか、指でタッチして操作できる分だけ直感的になりますし、
専用のアプリによってパソコンよりも便利に使えるとところもあります。

よく見ると、機能面においてはやはりパソコンの方に軍配があがるようですね。
しかし、一方でコストパフォーマンスとしてスマホやタブレットが優れていると言えるでしょう。

最近ではアプリでここまでできる!

アプリといえば、「ゲーム」を連想する方も多くいますが、その他にも私達の生活を支えてくれるアプリは沢山。
多岐にわたるアプリの中でも、今ではこんな面白い・便利なアプリも登場しています。

手書きの式を計算してくれる電卓「MyScript Calculator」

画面に数式を書くとすぐに認識してくれ、答えをあっという間に出してくれます。
これがあれば、分数の計算や、記号を使った計算さえも一瞬で答えをだしてくれます。

ユーザー数65万人を5日間で獲得したと話題になったアプリ「Prisma」

左の写真がエフェクトをかける前のもので、「Prisma」によって加工したあとのものが右の写真です。ビフォーアフターでこんなにも写真が変わるんですね。何気なく撮った写真が、アート作品の一枚に。

『Google マップ』:お店・施設の“現在の混雑状況”を表示

お店や施設を検索すると、「現在の混雑状況」を赤、「平均的な混雑状況」を青のグラフで表示。
例えば上の画像なら、赤い部分が青い部分を上回っており、検索した13時時点では「いつもよりも混んでいる」のように、お店選びの参考にできるというわけです。

画像解析技術がスゴイ! 「イヤーアルバムアプリ」の使い方

こちらの動画で紹介されているのはカメラのキタムラで開発されたアプリ「イヤーアルバム」。
このアプリでは画像解析技術によって写真選びからレイアウトまでほとんど自動的に行ってくれるようですね。

ビジネスもアプリで?顧客管理アプリが人気

アプリを利用することでビジネスの生産性や効率も向上することができます。
今では色々なビジネス用のアプリがありますが、その中でも「顧客管理アプリ」が人気です。

顧客管理とは、企業活動における顧客との接点すべてを管理すること。日本では単なる顧客の「情報管理」として捉えられがちですが、本来は顧客との「関係」そのものを管理する役割があります。

営業マン必携のアイテムとして、スケジュール帳やアドレス帳、顧客情報カード、打ち合わせ記録などがあります。最近では、これらツールを代替する営業管理アプリが登場し、スマホなどの携帯端末で活用できるようになってきています。

顧客管理システムは社内だけでなく外出先で使えてこそ真価を発揮するツールです。つまりスマートフォンなどのモバイル端末からも利用できるものが今注目を集めています。

「顧客管理ってパソコンじゃダメなの?なんでiPadなの?」
と思っているかたもいるかもしれませんが、iPadで顧客管理をするメリットは想像以上に大きいものです。

顧客管理アプリのスゴイところは?

「顧客管理アプリ」はスマートデバイスからも利用可能なので、出先でも顧客のステータスを確認でき、商談後のメモもすぐに残すことができます。

名刺からカルテまで、アプリに入力すれば簡単に管理することができます。カメラ撮影するだけで自動データ化してくれるものやオペレーターが手入力してくれるものもあり、手間も時間もかかりません。

検索性がアップする上に、スペースもとりません。なので、紙のカルテよりもかける時間は少なく、かつより多くの情報を管理することができます。
写真をつけるなど、紙のカルテだと手間がかかるようなことも簡単ですよ。

上記の通り、顧客管理アプリはインストールすれば誰でも簡単に利用できることが大きな利点でしょう。

また、顧客管理アプリはクラウドで同期することによって、自社以外でツールを利用することが可能です。
そのため、出張・外出している時はもちろん、担当者不在でも顧客情報を簡単に確認することができます。

国内で人気の高い顧客管理アプリ

1. LiME(ライム)

顧客管理のアプリはたくさんあるけれど、美容師の現場では使いづらいものばかり。。そんな時はLiME!スタイリストがスマホでカルテや予約の管理ができるアプリです。
LiME Salonと同時導入することで利便性が向上し、業務効率化が図れます。

2.Eight – 100万人が使う名刺アプリ

手作業入力だから、自動では判別不可能な文字もデータ化
使い方は写真を撮るだけ。PCでもスマホでも使える
相手の名刺情報が更新された時に通知してくれる

3. 顧客カルテ+POS &予約管理 アプリ

顧客カルテ+POSは、オリジナルなカルテが作成可能なアプリと予約管理、POSを組み合わせた美容室、ネイルサロン、マッサージサロン 整体院等 様々な業種でご利用頂けるアプリです。

競合相手に負けないためにアプリを有効活用しよう

現代はどのビジネスにおいても顧客満足度やニーズが重視される時代になっています。そのため、競合相手に負けないためには、顧客情報の管理や分析などが必要だと言われているのです。顧客管理アプリは従来の顧客管理システムと併用して利用することで、より高度な管理・分析を行なうことが可能です。よって、顧客管理システムの導入を検討、あるいは既に導入している場合には、アプリを利用してもいいでしょう。

Sorry, comments are closed for this post.