利益率は脅威の50%超え!?コインランドリー経営で収入アップ♪

利益率は脅威の50%超え!?コインランドリー経営で収入アップ♪

近年、オーナー業の中でも、「コインランドリー経営」が多くの方から注目されていることをご存知でしょうか?コインランドリー経営は従来の投資方法と比べ、経済によって投資が影響することがなく、やり手の経営者であれば利益率50%を超えると言われています。

投資で失敗・挫折してしまう人は多い…

大金をつぎ込んだのに、まさかの不祥事で上場廃止。ショックが大きすぎて何もできなかった。損切りに失敗すると損失が大きくなるため、所有している株については常にその動向に目を配ることが大切だと思う。

費用の低さから、自身が住む東京圏ではなく、地方に投資用マンションを購入しました。ただ、入居者がなかなか集まらず空室期間が長引くことに。

仕方なく、賃料を下げて大学生の入居者を確保したものの、物件が遠くにあるために管理の目が行き届かず、賃料の催促や雨漏りなどの修繕への対応も遅れがちに。

結局、入居者の通う大学が都心に移転することが決定し、再び空室となってしまいました。

株でうまくいかない人のなかには、負けた分を取り戻そうとして全資産を値動きの激しい銘柄に投じて半丁博打に出る方もいます。自分をコントロールできずに借金生活に追い込まれてしまう人もいるくらいです。

今話題の投資はこれ!コインランドリー経営に注目

最近ではあらゆる経営・投資方法がある中、コインランドリー経営はメディアやネット上で話題になっています。

不動産に変わるオーナー業として、近年注目を集めているのはトランクルーム、コンテナ、太陽光発電、自動販売機、コインランドリーなどのオーナー業が挙げられる。

「コインオペレーションクリーニング営業施設数の推移」によると、1997年に1万739店だったものが、2013年には1万6693店にまで増えており、業界予測のコインランドリーの店舗数は2017年度に1万8000店舗に達する。

近年、コインランドリー投資が人気化している理由は、週末のまとめ洗いや雨の日の洗濯・乾燥だけでなく、羽毛布団やじゅうたんなどの大きな物も洗える利便性に気づき、主婦や共働き世帯の利用者が圧倒的に増えているためです。

このようにコインランドリーの店舗数はここ数年で爆発的に伸びつつあります。
だからこそ、多くの方がコインランドリー経営に興味を持っているのでしょう。

コインランドリー経営の魅力について

コインランドリー経営がなぜこれほど多くの投資家達から人気なのか?
それには当然のこと、魅力があるからでしょう。

コインランドリー経営は他業種に比べ、立地条件の影響を受けにくく、遊休地や空き店舗の活用に有効です。敷地の条件に合わせて設計できるので、他業種とも組み合わせることができます。

コインランドリーは基本的には無人経営なので、人件費がかからず仕入れもほとんど必要ありません。また「洗濯」は日常生活にかかせないものであり、景気に左右されにくいビジネスです。

店舗・事務所用の土地は相続税の評価額が80%減で上限面積が400㎡となっています。

ちなみに貸付事業用の宅地は評価額50%減で上限面積が200㎡までなので、コインランドリー投資は相続税の節税対策にもなります。

土地を買う方法とテナントを借りる方法がある

コインランドリー経営を始める上で必ず選択しなければならないのが、
「土地を購入するか」それとも「テナントを借りるか」です。
コインランドリー経営を始める予定があるなら、どちらの方法が自身の経営方針に沿っているかチェックしよう。

コインランドリー投資は、土地を買うか、テナントを借りるかの二者択一をまず決めなければならないそうだ。

ロードサイドで開業するメリットは、減価償却による節税効果を期待できる点です。ロードサイドで開業するときは、まずコインランドリーの建物を一から作る必要があります。また、店舗内には洗濯機や乾燥機を設置しなければなりません。

店舗テナントでコインランドリーを経営するケースは、すでに完成している建物をテナントとして利用して、コインランドリーを開業できるのがメリットです。なかなかテナントの利用者が見つからない物件を、コインランドリーとして再利用してみてはいかがでしょうか。

実はこんな手段もある・・・

コインランドリーの出店は、自分の土地が無くても始められます。その時に利用するのが、フランチャイズや代理店契約です。これらの業者と契約を結ぶと、コインランドリーの出店に適した場所を紹介してもらえます。土地や経営ノウハウを持たない人でも、手軽にコインランドリー経営に着手できます。

コインランドリー経営に最適な立地や条件は?

コインランドリー経営において、何よりも大事なことが「立地の良さ」。
では、コインランドリー経営に最適な立地や条件はどうやって決まるのでしょうか?

駅に近い繁華街は、人通りが多く、クルマの乗り入れも困難なので、適していません。さらにいえば、コインランドリーは普段着のまま、極端にいうならばジャージのままでも行けるような場所にあってほしいのです。

人通りが多いかどうかの確認が重要で、さらには縦長の店舗よりも横長の間口の広い物件の方が視認性が高まるため、より望ましいという。また、横長の物件の方が防犯カメラの死角が出来づらいという利点もある。

理想的なのは、生活道路沿いのなかでも、中央分離帯のない2車線道路の角地です。中央分離帯があると、反対車線から来る人は遠回りしなければならないので、それだけで入店率は下がってしまうのです。

後悔しないために!コインランドリー経営での成功のコツ

コインランドリー経営は収益性も高いですが、失敗すれば大きな赤字になってしまう可能性もあります。
そのため、コインランドリー経営で後悔しないためにも、成功のコツを押さえておくことをオススメします。

簡単に始められると思われがちなコインランドリー経営も、事前準備にどれだけの時間をかけるかが成功となるか失敗となるかの大きな分かれ道となります。

基本的には、現在、主流となっているコインランドリーの手法の「逆」をすれば、売上が上がります。
それが「お客様の望んでいること」あるいは「これまで不満に思っていたこと」であれば、なおさらです。

働く女性や主婦層が普段の生活サイクルでコインランドリーを利用してくれれば、安定して利益を出せます。コインランドリーの売上を上げるためにも、特に女性客のリピート率アップを意識しましょう。

情報収集を徹底的に!立地やニーズにこだわろう

国内でもコインランドリーはあらゆる場所に設けられており、それほど珍しいとは思いません。ですが、そんなコインランドリーの中でも、売り上げが高い店舗、売り上げが低い店舗はハッキリとしています。コインランドリー経営で利益率を少しでも高めたいなら、立地や顧客のニーズを徹底的に調べ、多くの方が利用するようなコインランドリーを目指しましょう。

Sorry, comments are closed for this post.