W杯観戦にどうぞ‥英国風パブ「HUB」に注目が集まっている!

W杯観戦にどうぞ‥英国風パブ「HUB」に注目が集まっている!

若者のアルコール離れが進み苦戦する居酒屋・ビアホール業界において、英国のパブをモデルにした「HUB」に注目が集まっている。

若者のアルコール離れが進んでいる現代

40~ 60代の方々が若かった頃に比べると、今の20代、30代はお酒への馴染みが薄い。

体質的に飲めない人が増えたというわけではなく、自分から進んで飲むことがない、という人が多いはず

若者のアルコール離れが逆風となり、売り上げで苦戦する居酒屋・ビアホール業態。

そんな中、英国風パブ「HUB」に注目が集まっている

この厳しい環境下で、英国パブをモデルにした「HUB」は、コア顧客と設定する20~30代前半の若い客層を順調に取り込んでいる。

店頭のテレビモニターでスポーツ放映を常時流しているので、サッカーワールドカップや夏季オリンピックなど若者に人気の世界的なスポーツイベントが開催されれば、客数が大幅に増える。

ところが、今2018年2月期はこのような大きなスポーツイベントが少ない”端境期”にもかかわらず、2017年3~12月の累計既存店売上高は前年同期比でプラスを維持している。

「HUB」とは?

株式会社ハブは、英国風パブチェーンのHUBと82ALE HOUSEの経営を行う企業。ロイヤルホールディングスグループ。

HUBは新宿や渋谷など首都圏ターミナル駅近くの繁華街を中心に、全国で100店舗超を構える。

既存店売上高は、前2017年2月期まで7期連続で前期超えだった。

集客重視の戦略を貫く「HUB」

HUBは低価格のドリンクメニューを武器に、集客重視の戦略を貫く。

「フードでは勝負しない。あえて捨てている」と、HUBの運営会社・ハブのIR(投資家向け広報)担当者は話す。

HUBはキャッシュオンデリバリー(注文ごとに代金を払う)を採用していることもあり、お通しなどはない。顧客は390円払って1杯だけ飲んで帰ることも可能だ

このニュースが話題になっている

HUBなぁ20代は通ったけどナンパが多いからなんとなく英語話せるようになってたわwww今はもうヒアリングもできないからあれはなんだったんかね??わしの英語力……

だってhubなんか楽しいし

懐かしい…難波オリエンタルホテルのHUBはよく通ったな。 twitter.com/Yomiuri_Online…

HUBで酒のみたい…

クソみたいなお通し量もないし、安くて美味い酒出てくるんだから当然なんだよな

HUBは神だけど、他が企業努力足りなすぎる

HUBは新橋と代々木の方が良く行ってる気がする

HUBのいいとこは一人で飲むときも入りやすいところだよな

おっとHUBが話題になってる。若い客層を順調に取り込めてるとか。あえてチキン&チップスで(^^)d

HUB、広島にないからなあ、今度大阪か東京いくときいってみよう fb.me/1iNl9t3gl

富士ソフトビルのあこじゃなくてもHUBはそこらへんにあるぞい

HUBっていうのは元々ちょい飲みで立ち飲み文化だからね。1時間ぐらいでさくっと飲んで家帰って寝るw おしゃれな立ち飲み屋が人気あるのはわかる。ワイン角打ちとか近所にあるといいんだけど…。

顧客の要望を守って自社の都合を押し付けない姿勢が重要なんだな。 / “酒離れ無縁 HUBつかむ若者客 | 2018/1/31(水) 8:16 – Yahoo!ニュース” htn.to/5MGMwS

しょっちゅう行くわけや無いけど、好きですよ、ココ。

酒離れ無縁 HUBつかむ若者客 – Y!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6270322

HUBはお手軽に飲むのには良い
それなりにお酒が置いてあり価格も控えめ
軽く飲む人には安く美味しく飲める
趣味でお酒を飲む人から見ても酒を飲みたくないとは言わなくていいライン
酒離れの中で好調なのではなく酒離れが進んでいるからこそ好調なのではないか

HUB、岡山にもできないかなぁ

「HUB」の今後に注目‥!

大量出店をテコにした成長戦略を描くことが多い居酒屋チェーンに対し、ハブは年間10店前後の着実な出店に徹している

順調な集客と大量販売に連動して、ハブの業績は好調だ。今2018年2月期は売上高が111.9億円(前期比9.5%増)、純利益が5.1億円(同2.7%増)になると見込む

折しも、2017年12月に東京証券取引所第1部に上場した(それまでは東証第2部)。1部上場を機に、知名度向上策などを打ち出すことができるか。次の一手が問われる。

Sorry, comments are closed for this post.