ティッシュ配りを見張るバイトがある??? ティッシュ配りについて調べてみました。

ティッシュ配りを見張るバイトがある??? ティッシュ配りについて調べてみました。

ティッシュ配りを見張るバイトがある??? ティッシュ配りについて調べてみました。 1つ3円原価のティッシュの広告は携帯ショップ、消費者金融、出会い系サイトなど様々。何故ビラだけじゃなく広告が入ったティッシュをタダで配るのでしょうか?アナログな方法のウラには戦略と実績があるようです。

ティッシュ配りが何故なくならないのか?

寒くなってくると風邪をひいてティッシュがほしくなることがありますが、駅前に行けばいくらでも無料でもらうことができます。
最近では小箱入りティッシュまで無料で配っているという大盤振る舞いで、私もついつい受け取ってしまいました。
一見、古典的に見える『ティッシュ配り』という広告手法。なぜこの手法は現代も続けられているのか。またどのような秘密があるのでしょうか。

もらって損はない存在

普段は無くてもまったく気にならないティッシュですが、花粉症の人や 風邪をひいている人にとっては、今すぐほしいアイテムの一つになります。しかも、何かをこぼしてしまったとかに突然必要になったりして、あのときもらって おけばよかったと悔しい思いをする事がありますよね。実際にまわりの人に聞いてみても、多くの女性のバックにポケットティッシュが1つは入っていました。 軽くて小さいので、バックに入れても気にならないようです。

 ただのチラシなら邪魔になるので、なかなか手にとってはもらえませんが、 ティッシュならもらっておいて損はないので、手にしてもらえる可能性も高いでしょう。

ティッシュに加えてこんなものも

以前は社名や連絡先だけが書かれたものが多かったのですが、競 争が激しいためか実際にもらってみると、ちょっとしたクーポン券、さらには無料体験チケット、変り種では、女性がよく使っているあぶらとり紙がセットに なっていることすらあります。広告が入ったティッシュかと思いきや、サンプリングの要素もあるようですね。

 この不景気なご時勢、効果のな い広告なんて一瞬で予算が止められてしまいます。しかし、ティッシュ配りは毎日毎日続けられています。今ではかなり減ってしまったダイレクトメールや、折 り込みチラシ、ポスティング。同じように見えて、続けられている。これには何か理由があるのでしょうか。

1個3円のティッシュがお客を呼ぶ

まず、効果を考えみるうえで重要なのはダイレクトマーケティングで近い広告方式を考えることです。
ダイレクトマーケティングとは、特定の層をピンポイントで狙うという方式です。
この手法で近い物はダイレクトメールと街頭ティッシュ配布がそれにあたると思います。
どちらも、狙った客層に宣伝するうえで効果的でしょう。

まずDMですが、1000通作りますと、一般にデザイン料金が4~5万かかり、郵送料金が5万~8万円かかるとされ、データ入力印刷、人件費などが1万かかるとされています。

ティッシュ配りといえば消費者金融業界。もらった人は使うときに広告 の文字が目に入ります。「キャンペーンをやっているようだし、ちょっとだけ」という方が1000人の中に数人いただけで統計上確実に大儲けできる仕組みが 構築できているのです。

 ティッシュの原価は一般的に1つ3~8円程度です。

例えば、

ティッシュ配りのアルバ イトの時給を、1000円

1時間あたりに配ることができる量が200個

広告の内容がよければ、人件費を加えても、8000円 程度で一人のお客さんを集めることすらできてしまうのです。仮に50万円を借りるお客さんを一人見つけることができれば、年利15%だとしても年間 67000円の利益に。そのうち何人かは数年間にわたって借り続ける可能性もありますので、きちんと返済さえしてもらえれば大儲けは確実です。駅前の一等 地にお店や看板を出すことができる秘密がココにあります。

次に、ティッシュの配布を考えれば、一個3~5で、デザインを凝って10円としても、1000個作れば僅か1万円で済んで、しかも人件費を考慮しても2~3万円で済みます。
この様に、同じ個数の宣伝なのに、DMのコストが10~15万程度に対して、ティッシュの街頭配布は僅か3万円位に抑えられるわけです。
浮いたお金で、割引券や同封のおまけを良くすればさらに広告効果が上がると思うので、素晴らしい広告手段というわけなのです。

ティッシュ配りを見張るバイトもある。

数々の「謎バイト」経験を持つクロスバー直撃・前野悠介が体験したのは「ティッシュ配りを見張るバイト(時給1,250円)」。

ティッシュ配りがきちんとティッシュを配っているか見張る役割で、業界では”カラス”と呼ばれるそう。サラリーマンや待ち合わせのフリをして、ティッシュ配りを見張り、さぼっているのを見つけたら、本社に報告するという。

さらに、”カラス”がきちんと見張っているかを見張る”カッコウ”という役割もいるのだとか。

最近ではティッシュは古い?他の配布広告も出現してた

ボールペン・エコバッグなど実用的なノベルティグッズを配る
出典
効果抜群!ノベルティグッズの配布で集客力を引き出そう – ウーマンライク
ティッシュよりも長く日常の中で場面があるものにロゴを入れノベルティグッズ化し配る事も増えてきています。お気に入り詳細を見る
クリアフォルダーに広告を入れて配る
出典
Nexus News
クリアフォルダーを使うことで、クリアーフォルダ欲しさに受け取ってくれる人が多いようです。
うちわやカイロなど季節商品も登場している
出典
日本経済新聞
ティッシュよりもコストは高いですが、季節限定で配布することで集客の効果があるそうです。

Sorry, comments are closed for this post.